記事の詳細


女優さんや有名モデルが利用しているということもあり、bnls(小顔注射)が何かと話題になっています。

 

ただ注射をするだけという手軽さもあり、実際にbnls(小顔注射)を利用する方も多くなっています。

 

しかしながら、bnls(小顔注射)を利用するにあたって、そのデメリットが気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、bnls(小顔注射)のデメリットについてお話ししていきたいと思います。

 

 

効果が出るまでに時間がかかる

bnls(小顔注射)のデメリットとして、まず挙げられるのが効果を実感するまでにかかる時間です。というのも、bnls(小顔注射)においては「1回でも効果を実感できる」といった記載を多く見かけるものです。

 

そのため、「注射を打ったその日のうちに効果が出る」と勘違いしている方も少なくありません。

 

そういった方にとっては、「その日のうちに効果を実感できない・・・」とガッガリしてしまう部分があるかもしれません。というのも、確かにbnls(小顔注射)は1回でも効果を実感しやすいものです。

 

しかしながら、その効果というのはその日のうちに出てくるのではなく、注射を打った3日後から1週間後、もしくはそれ以上経ってからじわじわと出てくるのです。

 

このデメリットは周りにbnls(小顔注射)を受けたことを絶対に知られたくないという方にとっては、メリットになります。

 

しかしながら、「明日は大事なデートだから明日までに小顔になりたい!」というような急ぎの方にとっては、効果を実感するまでに時間がかかってしまうという部分がデメリットになってしまうのです。

 

即効性ということではデメリットになるかもしれませんが、計画的なbnls小顔注射であればメリットになるでしょう。

 

 

BNLS効果には個人差がある

 

これはbnls(小顔注射)に限ったことではないのですが、先でお話ししたbnls効果の実感、bnlsの持続期間も含めて、個人差というものがあります。

 

同じようにbnls(小顔注射)を受けて効果を実感しやすいという方もいれば、逆に効果を実感しにくいという方もいるのです。

 

bnls(小顔注射)に限った話ではないのですが、誰にでも100%満足いく効果を提供できるような施術ではないというところもデメリットになってくるでしょう。個人差ということで、体質なども関係してきます。

 

というのも、一般的にbnls(小顔注射)というのは非常に安心な施術だと言われています。しかしながら、だからといって誰にとっても何の問題もないというわけではありません。

 

場合によってはbnls(小顔注射)を受けた後に腫れてしまうということもあるかもしれませんし、そもそもbnls(小顔注射)が体に合わなかったということもあるかもしれません。

 

こういったところもbnls(小顔注射)のデメリットといえば、デメリットになってくるのではないでしょうか。なので、施術前にしっかりとアドバイスを受けてから望むことが大変重要になります。

 

ダウンタイム(腫れ)は他の部位に使用するbnlsよりも少ないと言われている顔用のbnlsですが、何かしら違和感を感じる方もいれば痛いと感じる人もいるでしょう。

 

その逆で全く痛みも感じないし、違和感も感じなく数日で顔が一回り小さくなったと痔関する人もいます。bnls体験者の感想というのも参考になるのでご覧ください。

 

 

bnls(小顔注射)のデメリットはそこまで重大なものではない

bnls(小顔注射)のデメリットということでお話ししてきましたが、基本的にbnls(小顔注射)のデメリットというのはそこまで重大なものではありません。

 

bnls(小顔注射)に限らず、他の施術でもいえるような一般的なデメリットに過ぎません。というのも、bnls(小顔注射)が日本で取り扱われるようになったのは最近のことですが、海外ではもっと前からbnls(小顔注射)が使われていたのです。

 

目立った副作用などの話もなく、非常に安全性の高い施術だと言われています。もちろん、いわゆる悪徳クリニックなどでbnls(小顔注射)を受ければどうなるかわかったものではありませんが、きちんとした信頼できるクリニックでbnls(小顔注射)を受ければ、まず心配はないのです。

 

ただ、先でもお話ししましたように個人差はあります。たまたま自分には合わなかったという可能性もゼロではありませんので、その点と効果を実感するまでに時間がかかるというところを理解していれば問題はありません。

 
【渋谷DSクリニックでBNLS】

 


関連記事

3900円で憧れの小顔に!

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る