記事の詳細


手技道(しゅぎどう)とは小顔つくりとして女性の間ではとても話題の小顔術です。

 

即効性がある小顔術としてとても効果的だと評判が高い小顔術でもあります。

 

AKB48のメンバーだった前田敦子さんもこの手技道に通っていたというほどとても即効性がありその効果も持続すると言うことです。

 

しかしその効果を得るためにはかなりの痛みが伴うそうですね。その痛みこそが手技道にとってとても大切なんだそうです。

 

手技道において痛みとは健康な状態に戻すとか、自然治癒力を高めるという意味合いがあるそうです。

 

もともと手技道とは小顔だけというものではないそうです。手技道の特徴はゆがみを矯正するものであったり、痛みをコントロールするものでもあります。また、後遺障害の治療などもある中のひとつとして小顔術があるわけです。

 

手技道もリンパマッサージと同じ仕組みがあります。顔に溜まった老廃物を手技道として流すことで効果をえるところは似ています。

 

ただ、リンパマッサージと大きく違うのはそのやり方ですね。リンパマッサージは肌をさする程度の力加減ですが、手技道は沿う簡単にはいきません。かなり顔をゴシゴシするところが似ているけども似ていないところですね。

 

これは皮膚の表面だけではなくその奥に対してもアプローチするからだということです。このあたりはコルギにも似ているところがありますね。

 

痛みによる刺激効果とでも言うのでしょうか。しかし、施術を受けられた方は手技道の効果の即効性と持続性に驚くそうです。

 

 

アメブロを見ていても手技道という言葉が出てきます。優木まおみさんも痛いと評判の手技道の先生である村松先生の施術を受けたとか。。

 

ブログのかなでも痛いけど効くということで手技道で小顔効果を体験しているそうです。

 

痛いけど即効性があり小顔効果も持続するのが手技道だということです。

 


関連記事

ReFa ACTIVE DIGIT

「手技道」カテゴリの人気記事

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る