記事の詳細


小顔ローラーがとてもブームですよね。確かに小顔ローラーを使うと手軽にフェイスマッサージができて顔の疲れが取れるのでとても便利です。

 

頬のたるみ防止や、シャープなフェイスラインを作るのにとても便利ですからね。だからと言って強く押し当てたり、長時間小顔ローラーをやりすぎるのは良くないことです。

 

どの国でもそうなのかもしれませんが、たくさんやればよい結果が出そう。そう感じる人は日本だけではないと思います。なので、ついつい、小顔ローラーも早く結果が欲しいために長時間コロコロしてしまう。

 

しかし、これでよいのでしょうか。。。きっと体験した人もいると思います。やりすぎて顔が痛くなってしまった人が。。

 

場所が場所だけに1回の使用で長時間やるものではありません。顔の肌はとてもデリケートなんですから。。。洗顔するだけでも顔の肌が傷つくほどとても繊細なんです。

 

そこに早く小顔になって欲しいがために小顔ローラーをコロコロではなくゴシゴシですよね。。

 

やっていたらよいわけがありません。

 

そんなに急に激変するわけではないので、小顔ローラーの場合はじっくりと小顔に向けて取り組む姿勢が必要だと思います。やり過ぎは色素沈着、シワの原因にもなるのでせっかくの大切な肌が台無しです。

 

これではとても小顔どころではなくなってしまいます。1回の使用は5分から10分程度が良いのではないでしょうか。

 

やりすぎてもそれ以上の効果は得られない場合とやりすぎるとダメージを与えてしまう場合があります。

 

あなたの体調に合わせて一番良い状態、時間でやることがいいですね。

 

冬場の小顔ローラーは少し気をつけたほうがよいです。肌が乾燥している状態で、ころころするので、少なからず肌に摩擦が発生します。

 

肌が元気になれ、若々しくなれという気持ちで小顔ローラーを使っているはずが、実は知らず知らずのうちに大切な肌を傷つけてしまっています。

 

なので、乾燥している冬場や、乾燥肌の方は、摩擦を減らすためにも少しクリームなどをつけて小顔ローラーを使用するとよいでしょう。

 

出来れば凹凸の少ないタイプがよいですね。顔の肌は洗顔だけでも摩擦が発生しダメージを受けるほど繊細です。ですので、なるべく肌に負担のかからない丸いものや丸状のものがオススメです。

 

⇒ リファエスカラット

 

 

 


関連記事

3900円で憧れの小顔に!

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る