記事の詳細


もしかしたら、顔が大きいのではなく大きく見えるだけなのかもしれませんね。

 

夏になると水分を多く取る必要があるのでついお水を飲みすぎたりしているかも。。。

 

自分の顔を悪く見すぎていませんか?鏡で自分の顔を見たらなぜか大きいような気がしてきた。。

 

それからずっと、自分の顔が大きく見えて仕方ない。

 

 

太って顔が大きく見える人もいるでしょう。しかし、太っていなくても顔が大きく見えることがあります。

 

むくみですね。

 

 

夏なので、水分はたくさんとっていいのですが,どうしても摂りすぎるときもあるでしょう。また、バーベキューやビアガーデン、などお酒を飲む機会も多いこの季節。水分の過剰摂取がむくみの原因となります。

 

汗をかいた分水分を補給すればいいですが、どうしても暑いので冷たいお水の飲みすぎが翌朝、顔に出ることが多くなってしまいます。

 

 

顔のむくみは顔の水分を流すことで解消できます。

 

お風呂のときはしっかりとリンパマッサージをするように心がけるだけであさの顔のむくみが違ってくるでしょう。

 

 

とはいっても顔だけマッサージを済ませておしまいという方が多いようですが、実は顔よりももっと大切なところがあります。

 

首から鎖骨にかけてのリンパ節です。ここにリンパが滞留しているといくら顔のリンパマッサージをしても流れていきません。

 

 

なので、顔もリンパマッサージも当然ですが,しっかりと耳から首、首から鎖骨まで、しっかりとリンパを流してください。

 

 

小顔リンパマッサージについてはこちらもご覧ください。

 

⇒ 小顔リンパマッサージ

 

 


関連記事

ReFa ACTIVE DIGIT

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る