記事の詳細


小顔は誰もがあこがれるものです。とはいえ、昭和から平成と時代が変わってかなり骨格も変化しているように思います。

 

昭和の時代には小顔という言葉すらなかったようです。あったのかもしれませんが、今ほど聞くような言葉ではありませんでした。

 

平成も20年以上が経っているので男性も女性もそのスタイルは時代と共に変わってきました。

 

ここ数年ではないでしょうか。小顔という言葉が注目されたのは。女性の好きな「かわいい」の必須条件に小顔はあります。

 

今までのようにただ単にかわいいだけではだめなんですね。

 

芸能人、アイドルの影響もかなり大きくあると思います。アイドルの低年齢化もあるでしょうが、アイドルの条件としても小顔は必要なのかもしれません。

 

アイドルだけではなく、モデルさんもそうですよね。小顔であることが条件で、スタイルがいいからかわいい。小顔だから足が長く見える。小顔だから細く見える。。

 

 

そうした中、小顔になるための方法も数多く見聞きするようになりました。小顔になる方法の中心は小顔矯正ではないでしょうか。

 

他にも小顔マッサージ,小顔グッズ,小顔クリームなどありますが,骨格を矯正する小顔矯正が話題の中心かもしれません。

 

テレビ番組で「ザ・ベストハウス123」という放送がありました。そのときも小顔特集みたいなものがありました。

 

そのときは女優の泉ピン子さんが小顔矯正を受けてわずかな時間の施術でしっかりと小顔効果が出たと話題になっていました。

 

頭蓋骨のゆがみを矯正することで正しい位置に頭蓋骨を戻すらしいです。そこからアゴも矯正したり、口の中に指を入れて施術していました。

 

数年前の放送ですが,その当たりからテレビや雑誌で小顔矯正という言葉が広まったような気がします。

 

今では多くの芸能人がブログで小顔矯正の話題を書いています。

 

 

小顔になるにはやはり小顔矯正が手っ取り早いと言うか効果が出やすいのかもしれません。ただし、予算がある方限定かもしれませんね。

 

施術費用は結構いい値段するみたいです。そういえば小顔矯正で一時期話題になった深田恭子さん。

 

小顔矯正の費用が数十万だったか。です。惜しいのか惜しくないのかわかりませんが、小顔矯正にこのくらいの予算が組める人でないとやはり小顔矯正は難しいのかもしれませんね。

 

 

なので、予算が出せる人であれば小顔矯正が一番小顔になる効果的な方法なのでしょう。

 

とはいえ、そう簡単に数十万、数万円も出せないと思いますので,そこは努力するしかありません。今は小顔グッズもたくさん出ています。地味で時間がかかるかもしれませんが、これもひとつの小顔になる方法です。

 

体のゆがみが顔に出るとも言います。体がゆがむことでその負担が東部に来るということです。左右のバランスが崩れているとその負担が顔にも表れてきます。顔の右側が太っているとか、アゴがずれているとか。。

 

もしかしたら、生活習慣を見直す、改善するだけでも効果があるかも知れないですね。特に年がら年中頬に手を当てている、頬杖を付く癖がある人は見直すといいでしょう。

 

小顔になるには毎日コツコツと努力することが大切なのかもしれませんね。

 


関連記事

ReFa ACTIVE DIGIT

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る