記事の詳細


上手な顔の洗い方って?正しい顔の洗い方ってどんな洗い方なのでしょうか?

 

その反対に間違った顔の洗い方をするとどうなるのでしょうか?

 

 

女性 ライフスタイル イラスト

まず、間違った顔の洗い方をしていると顔の汚れが落ちないだけではなく、肌にダメージを与えてしまいます。

 

いろいろなことが言われているので混乱しがちですが、間違った顔の洗い方をいくつかご紹介します。

 

 

■ 汚れが落ちるようにゴシゴシ顔を洗う

 

汚れ落としはやはりゴシゴシと顔をこすることでたくさん汚れが落ちる。毛穴の奥の汚れをかき出すには顔をゴシゴシと洗わないと汚れが取れない。。

 

そんな風に思っていませんか?

 

実はゴシゴシ洗いはよくない顔の洗い方なのです。本当は美白になりたいのに、こんな風にゴシゴシと顔を洗ってしまっては肌にダメージを与えとても美白の美しい肌とは遠ざかってしまいます。

 

肌はとてもデリケートで傷つきやすいものなのです。洗顔の摩擦でも傷つくといわれるほどとても繊細なのです。今まで正しいと思ってゴシゴシしていた方は実はきれいになるどころか肌がぼろぼろになっているかもしれません。

 

肌のキメもなくなり乾燥しているかもしれませんね。これだけしっかりと洗ってしまうと本来あるべき皮脂までも洗い流しているかもしれません。顔を洗ったときのすっきり感が欲しい。とこのように洗う方もいるかもしれませんが,すっきり爽快と汚れ落ちは全くの別物です。

 

すっきりとしたからといって毛穴の汚れが落ちているとは言い切れません。汚れが落ちたからすっきりしたと思い込んでいるのかも知れないですね。

 

まさか、スクラブ入りの洗顔せっけんなど使っていませんよね。。。

 

えっ、使っているの?

 

スクラブ入り洗顔料で顔をゴシゴシ洗いでは肌がWショックを起こしていませんか?

 

 

■ 1日に何度も顔を洗う

 

とにかく汚れを落としてきれいになりたいという気持ちから1日に何度も顔を洗ってはいませんか?

 

顔の汚れ落としは回数ではないんです。たくさん洗えばより汚れが落ちると言うものではないんですね。そんなにたくさん洗う必要がないということなのです。

 

朝は目を覚ますために軽く顔を洗う程度でOKなんですよ。朝から丹念に顔を洗っていませんか?お昼は顔を洗えないので油取り紙で顔中を拭きまくっていませんか?夜は1日の汚れを落とすために顔を洗ってその上クレンジングのダブル洗顔。。。

 

これだけやれば相当きれいになっているでしょう。。と思うかもしれませんが、意外とそうでもなかったりします。

 

やはり必要以上のことをやっているために肌をだめにしている可能性がありますね。特に顔を洗いすぎによる皮脂を根こそぎ除去しているのはよくないですね。。

 

皮脂を取りすぎると余計に皮脂がどんどん出てきてしまいます。そうなると顔が脂っぽくなってまた洗顔、洗顔。。。となって逆効果です。

 

ニキビ 肌荒れ イラスト

 

 

■ 洗顔ブラシを使っている

 

洗顔ブラシも使うとさっぱりするので汚れが落ちたような気がします。どうしてもさっぱりする感じがあると脂汚れが落ちてきれいになった感じがします。

 

確かに脂は落ちているのでしょう。しかし、毛穴の奥にある汚れがしっかりと落ちているかは微妙ですよね。

 

そもそも毛穴はとても小さい穴なので、使っている洗顔ブラシが毛穴の中まで入っているのかどうか?もし、毛穴の中にブラシが入って汚れを落としているならば,あなたの毛穴はかなりぼろぼろになっていることでしょう。

 

毎回洗顔のたびに顔中が血だらけになっているかもしれません。

 

洗顔ブラシも肌を痛めるのでオススメできる顔の洗い方ではありませんね。

 

つまり、間違った洗顔。顔の洗い方をするとまず肌を傷つけるということに繋がります。肌に傷が付くとそこからばい菌、細菌が入り込んで吹き出物、ニキビなどの原因にもなります。

 

また、肌が傷つくとキメのない肌になるので化粧のノリもよくないですね。化粧のノリがよくないのでさらに化粧を上乗せするしかなくなります。

 

と、肌に対してよくないことばかりだったりします。

 

では、正しい顔の洗い方、上手な顔の洗い方とはどんなものなのでしょうか。実はとてもシンプルな方法がよかったりします。

 

 

■ 顔に洗顔泡をのせるだけ

 

とてもシンプルですよね。。。顔をゴシゴシしません。じっと待っていればいいだけです。

 

例えば洗濯物でも、食器でも油汚れを落とすときは漬け置きしますよね。。まずは脂汚れを分解させるためにしっかりと洗剤を油汚れに染み込ませます。

 

洗剤が油汚れに染み込むことでこびりついた汚れを浮かし、落ちやすくするのです。何も食器やコップ、ワイシャツやブラウスだけではありません。

 

洗顔だって同じことが言えるわけです。洗顔せっけんの泡を皮脂の多い鼻やTゾーンに乗せておきます。あとは洗顔料が肌のシワに入っている皮脂汚れ、メイク汚れを浮き出します。

 

毛穴に入っている皮脂汚れ、メイク汚れも毛穴から浮き出します。そうすることで肌を痛めないで顔の汚れ、毛穴の汚れを落とすことができるんです。

 

ニキビ 肌荒れ イラスト

 

ゴシゴシと擦る必要がないので楽チンですよね。

 

正しい洗顔のやり方はたったこれだけです。肌を痛めることなく、ダメージを与えることなく簡単に汚れを落としてくれます。

 

ただし、洗顔せっけん、洗顔料選びには気を使ってくださいね。

 

大切なことは決めの細かい洗顔泡であることです。

 

泡は弾力があってすぐにぺちゃんとつぶれないものがいいですね。その泡を顔に乗せます.余った洗顔泡は耳や首につけてもいいですね。特に耳の後ろは汚れが溜まりやすいので、洗顔しながら耳や首の汚れも落とせるので効率がいいです。

 

お使いの洗顔せっけんで決めの細かい泡ができるかどうか。しかも大きく崩れにくい洗顔せっけんの泡ができるかどうかまずはチェックしてみてください。

 

もし、そうでなければ洗顔せっけんを変えてみる必要があるかもしれません。顔の洗い方だけで、洗顔せっけんだけで肌の調子は変わります。肌の透明感が変わってきます。

 

あれ?と思った方は一度ご自身の顔の洗い方,洗顔せっけんを再確認してみてください。

 

女性 ライフスタイル イラスト

 

 



 

 


関連記事

3900円で憧れの小顔に!

美容機器ランキング

【スポンサードリンク】

ページ上部へ戻る